Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

-奇跡の復活に感化され、僕までゾーンに入りました。。。(笑)-

奇跡の復活に感化され、僕までゾーンに入りました。。。(笑)

今朝は8:45 自宅出発予定プレイゴルフだったんですが、

ちょうど朝から LIVE 映像にかじりついて観戦していた、こちらハワイ現地での 7:30過ぎについにあのタイガーウッズが 単独トップに躍り出て

16番のショートホールで ゾーンに入ったとしか思えない、あわやホールインワンといった奇跡のティーショットからの

楽々バーディーを決め、

その差を2打としたところで

あと2ホールだし、こんな歴史的な瞬間は生で見ないとと、

もう間に合わなくても仕方あるまいと諦めてたところ、

なんと8:30ギリギリぐらいに まさかの14年ぶり 5回目の優勝を決めてくれたから もう何もかもが感激で涙がちょちょぎれんましたよ〜。。。(笑)

前の組でラウンドしていた、2打差で2位のブルックス.ケプカが、最終18番で超ピンそばのバーディーチャンスにつけたもんで、これを入れて 1打差でタイガーを待つといった図式になると思ってたら、周りの観衆はもちろん、世界中の誰もがタイガーの優勝を待ちわびてたその圧倒的なパワーに飲まれ、まさかの外すといった結果になった時は、さすがのケプカももう笑っちゃっていたのが印象的でしたね…。

実際タイガーは最終ホールボギーとしたので、もしあれをケプカが決めていたら プレイオフになるところでしたから、いやいや『ゴルフの神様』はやはり苦労に苦労を重ねたタイガーに微笑んだということですね〜。。。

父と同じ赤黒の勝負服に身を包んだ10歳の長男チャーリー君を抱え上げて強く抱きしめた、感動的な父子の抱擁は世界中のファンを感動の渦に巻き込みました…いやいや本当によかった!!

かつての絶対王者は 今やもう43歳…不倫騒動からの離婚や 腰の故障で4度にも及ぶ手術を重ねてきたここ数年は、一時は限界説や引退説もささやかれたものの、2018年の米国男子ツアー最終戦『ツアー選手権』で見事5年ぶりのツアー通算80勝目を果たし、ついに今日この08年の全米オープン以来となるメジャー通算15勝目で完全復活…正直 こんなことが起ころうとは誰もが夢にも思っていなかったでしょう。。。

その余韻を思いっきり引っ張りつつ、

毎朝起きたら飲んんでいる、ハワイで大人気のコンブチャ」を飲みほしてから

本日 向かったゴルフコースは、僕の大好きな実にハワイらしいロイヤル・クニア・カントリー・クラブ』!!

今日は、いつも通っている ハワイで最大級の豊富な品揃えを誇るゴルフショップPro-Am Golf Shopでタダでレンタルしてくれた

あの松山英樹や石川遼も使用する、今一番飛ぶと噂のキャラウェイ.エピック.フラッシュ試打用ドライバーを打ちまくって、

購入するかどうかを決めるといった大事なミッションを抱えておりますもんで、

珍しく練習場にも足を運んだし、朝からタイガーの一件もありましたんで、イメージ先行の僕としては調子も右肩上がり!!

そのおかげなのか、前半6番まではどってことないスコアだったのに、いきなりそこから5連続パーラッシュの 終いにはバーディーまで…終わってみれば前半44後半3983となかなかの絶好調!!

ただ 本日もずっと最後まで吹き荒れるアゲインストの風に、 飛んでるのか飛んでないのかもあまりわからず、このいい結果が「エピック」のお陰かどうかがイマイチわからず、そこが困ったもんでありまして、

確かに一度もドライバーでの打ち損ねはなかったので、確実に上にも上がるし 安定感のある優しいクラブだとは よくわかったんですが、あまりの逆風に距離感が読めず…まぁそれでも その中でよくこのスコアが出たもんだと、とりあえずは自分を褒めてあげることにしましょう…笑。

本日は「マスターズ」もあったので 時間もなく、朝食も取らずに回っていたので、ラウンド終了後の14:30すぎから ボロボロの 掘っ建て小屋で有名なここ「ロイヤルクニア』のレストランで遅めのランチタイム…

でも結構バカにできないんですよ〜このレストラン…この2枚ついてくる 昔ながらの薄いパテの「ハンバーグステーキ」は、マッシュルームとオニオンが入った濃厚グレイビーソースが いかにも塩分高めで ローカルなお味なところが決め手でありまして、1スクープのご飯じゃ足りないくらいライスが食べたくなる隠れた逸品…。

シンプルな「ガーリックシュリンプ」もまたここの名物…これを「クアーズライト」あたりで豪快に口に放り込めば もうあなたも立派なカマアイナ!!

やっぱりハワイはB級に限りますなぁ〜それにしても ホント いつからこんなカジュアルなものしか必要がなくなってしまったのでしょうか??(苦笑)

なんて言いつつ 良いスコアのご褒美に 何か買い物でもしようかと、帰り際に超久々の『アラモアナ S.C』に立ち寄り、掘り出し物が 必ずや見つかる、大好きなアウトレット店Saks OFF 5TH(サックス・オフ・フィフス)にて

こんな可愛いニットリブ付きVINCEホワイトスニーカー

これまた『VINCE』グレーソックススニーカー、

そして1990年にNYで誕生したシューズブランドSTEVE MADDEN(スティーブ・マデン)の、デザインが超イケてる こんなブラウンスエードのズニーカーまで 、いきなり 3足 大人買い…と、ここまで いつも通り 全てレディース物のBigサイズの「9」「間抜けの小足」とよく言いますが、たまにはよいこともあるわけです…ハイ。。。

あと『サックス』では  ハワイだと激安い、こんなチャラけた僕でも多少は知的に見える(であろう)ボストンタイプ Ray-Ban(レイバン)を購入し、あとはZARA in Honoluluに移動して

下がラバーソウルで超履きやすくデザインも優秀な「レザーサンダル」

袖元がダブルになっている、トレーナー風の「ヘリンボーン柄 Tシャツ」

一見ジーンズ風なデザインですが、実は超楽チンすぎる「ジョグパンツ」の3点を手にいれて、この商品全てトータルで約$500…ね?やたら安くないですか??

ディナーは  ここアラモアナS.C内の、以前 鳴り物入りでハワイ上陸して一瞬で撤退してしまった『マグノリアベーカリー』と不思議なアイアスクリーム店『ナイトロジェン』があった場所に 昨年11月にできたばかりだという、L.Aで大ブレーク後にここハワイに初進出してきたという

韓国人経営のしゃぶしゃぶ食べ放題のお店 SHABUYAに初潜入!!

日曜日は通しで23:00まで営業しているとのことだったので、一度帰宅して 遅めの時間に来たのでまだ良かったみたいでしたが、

それでも200席を超える店内は満席状態

外にまでお客が並んでおり、入るのに20分以上は待たされたかな…なんせこの大人気な上に予約は取らないというので、これもまた致し方ない状況…もう少し早い時間だったら1時間半待ちは当たり前というから驚きであります…汗。

各テーブルにちょこちょこ置かれていた、この何やらドでかいタワー状のものは 、どうやら「ビアーピッチャー」らしいです…笑。

一番奥に設置されたバーカウンターもなかなかクールでいい感じ…

見たことのないフレーバーが並ぶ「チャミソル」の中から

試しに「プラム」をオーダーしてみたら、いやぁ〜甘かったぁ〜。。。(苦笑)

この店のシステムはと言いますと、

まずはファーストステップとして 5種類のスープ (Broth) の中からお好みのものを選び、次に4種類のアペタイザーからも一つお好きなものをチョイス、

そして最後に8種類のお肉から最初は各テーブルで4種類をチョイス…そしてそれがなくなったら 少しずつ、食べれるなら永遠にいくらでもオーダーが可能というわけ。。。

店の中央に設置された新鮮な魚介類

たくさんの種類が準備された

野菜たち、

そして何と言っても麺類の豊富さには

驚かされるばかり…これらはもちろん取り放題なんですが、あまりに多く取りすぎて 残しすぎると店から $5.99 の罰金が科されるようですのでご注意を!!

こんな感じでお肉が登場したら

やはり中央コーナーから お好みでゴマ、ゆずソース、ポン酢ーソース等を選び、そのな中にお好みでパクチーやガーリック、大根おろしなどを入れて

オリジナルのつけダレを完成させたら

あとはじっくり煮込んで 全ての具材から味を染み出させたら ただただ がっつりといただくのみ!!!

アペタイザーで選んだ「GYOZA」

「Orijinal Chicken Karaage」は甘辛味でいかにもアメリカ人が好きそうな一品…。

ライスは中央コーナーには置いてないですが、スタッフに頼むとすぐに何倍でも持って来てくれますのでご安心を…笑。

元のスープを「Spicy Miso Broth」にした僕は、〆にはやはり韓国風ということで「即席ラー麺」を湯がいてしまったら もうお腹はパンパン…

「アイスマカロン」も美味しそうでしたが、もう何も入りません…これで2時間の時間制限ありで お一人様$27.99(4〜10歳のお子様は$14.99ってこれまた安くない??

1人でお肉 45皿食べたお客もいたらしいですから、お子様連れや大食漢の方が家族に入られる方には完璧ですなぁ〜笑。

何と言っても肉がの質が素晴らしかったから、ココはあり。

やはり全体的に甘めな味というのは否めませんが、そこはアメリカ人目当ての商売ですから目を瞑りましょう…いやいや、エンターテイメント性も抜群だしこれだけ安くて美味しいなら そりゃここまで行列ができるのも納得…ただし店内に流れる激しいダンスミュージックやロックのボリュームをもう少し落としてもらえれば もっとゆっくりできるのになぁ。。。

それもL.A風というか、どっちかといえば 逆に韓国風と言われてしまえばお仕舞いですが、それにしても 日本人のオヤジにはちょっとうるさすぎなんですよね〜でも踊りながらノリノリで食べてたやつもいたからコレもありかな?(苦笑)

 

Related topic

GOURMET LIFE

また ひとつ...『六本木ガーリッシュ物語』。。。(笑)...

相変わらずの「しぶこフィーバー」が続く『NEC軽井沢72ゴルフトーナメント』の影...

2019.08.19

GOURMET LIFE

総理が通うフィットネスジムから 総理が通う老舗チャイニーズへ...

長いね〜お盆休み...。 何もすることがないから毎日の日課でもある...

2019.08.18

DOG GOURMET

グラも居心地抜群!! 鮮度抜群な海鮮居酒屋を神宮前に発見です...

各地で猛威を振るいだした大型台風10号の影響で やたらと雲の流れが激しく、晴れた...

2019.08.16

DOG GOURMET LIFE

今度の『 made in Kaz Ogawa』は、 街で着て...

寝室ではいつも僕のベッドの足元か、先代のグリも愛用していた『Juicy Cout...

2019.08.14

FASHION GOURMET WORKS

ル〜るる、るるるル〜るる、るるるル〜ル〜ル〜ル〜ル〜〜。。。...

パルコ劇場で1990年8月19日に幕を開け、以来26年間、この一つの台本を 年齢...

2019.08.14