-まさかの苦手食材が、全て美味しく食べられちゃったという この事実…笑。-

まさかの苦手食材が、全て美味しく食べられちゃったという この事実…笑。

2019年4月にオープンして以来、

瞬く間に予約困難となってしまった、目黒サエキ飯店に数ヶ月ぶりの訪問…

天才シェフの名をほしいままにする若きオーナーシェフ

佐伯悠太郎氏は この日も変わることなく いつも通りのTシャツスタイルと独自のマイペースで、ただ一人黙々とカウンターの中で、料理に取り組んでおります。。。

『サエキ飯店』と言えばジョージアワイン…それもオレンジワインが有名ですが、この日お任せで出してきたのは、それとは一変、フランスバスク地方、ジュランソンで生み出される樽熟成されたオレンジワインユーゴ(ギィラルデル) パ・サージュ」…時間が経てば経つほど 濃密な香りが余韻としてスッキリ残る、実にお上品な味わいであります。

お料理の方はいつもの¥8000のおまかせコースのみ…実はなんと今回は 頭から、僕的には苦手食材のオンパレードで だいぶ最初はビビってしまいましたが、なぜか奇跡的に全て美味しく食べられたのが自分でもびっくり…苦笑。

その内容をご紹介しますと、

まずは「イカのさつま揚げと豚の大腸の焼きもの」から、

「ラムじゃがパクチー」…と、もう既に内臓、ラム、パクチーと普段では絶対に食べられないものが3種類も登場したにもかかわらず、なんでしょうかね〜味付けが実に複雑で繊細だったせいか、食べられちゃったんですよね〜苦笑。

次に、コレはみんな大好き「黄ニラ玉子」に、

またパクチーがアクセントになった「豆腐とパクチーの上湯スープ」でしたが、上湯スープが美味すぎてこれまたクリア…笑。

もちろん セイロで蒸された「発酵漬物のハンバーグ」や、

「ホロホロ鳥のフライ」は文句なしの超絶品!!

そして沖縄高級 3大魚として知られる、これまた大きなセイロから登場の「スジアラの蒸し物」は、何と言ってもこの濃厚煮汁がたまらないので、

「白飯」とともにお口の中にかきこむのがオススメとのことで、

最終的なビジュアルはこんな感じですかね〜笑。

ご飯に煮汁が染み込んで、もうホントたまりません!!

さらにあっさりな中に「ピータン」のクセがしっかりと効いた「ピータンと白菜の煮物」と続いて、

〆の炭水化物は 旬な「ポルチーニのパスタ」の中華版のような「アワビダケの伊府麺」…大量のスープで煮込んでいたので、てっきり熱々のスープ麺かと思ってたら以外にも汁なし麺で驚きましたが、高級キノコから溢れ出る出汁が染み込んだ 太めな麺が 、もうこれ以上ないほどのハーモニーを奏でております!!

佐伯氏に「まだ食べれますか?」と聞かれたので「もちろん!」と答えると、次に作り出したのは超がつくシンプルなパラパラ「玉子炒飯」…とは言え これがまた絶品上湯スープががっつりと入っているので、繊細な味の中にもとてつもなく深いコクがあって、そんじょそこいらの「炒飯」とはわけが違います!!

お隣の男子はまだ食べれると、さらに「担々麺」までたいらげておりましたが、さすがに僕のお腹はここいらでちょうどフル。。。

今宵のドルチェは手作り「ナッツとキャラメルのアイスクリーム」…大人な苦味の効いた甘味が、一瞬で胃の内部をキレイさっぱり浄化してくれます。

いやぁ〜今回もウマかったなぁ〜ここに通ってれば、いつか全ての苦手食材が克服できそうでありますが、次は一体いつ予約が取れるやら…苦笑。

また次回も中華の枠を超えたアッと驚く未知の料理を、首を長くして 楽しみにしております。。。

Related topic

GOURMET WORKS

とりあえず これで早朝2時起きからは開放です。。。...

あっという間に11月パーソナリティー4回目の最終回を迎えた、 高橋...

2021.11.27

GOURMET

やはりココが一番落ち着くね...😌。...

今年になってから急激に親交を深めている、福岡から仕事で来られた シャレオツ(オシ...

2021.11.27

GOURMET WORKS

スタイリストも決して楽な仕事ではございません......

怒涛の小川カズ邸内装工事最終日でしたが、一部を残して なんとかほぼ終了したものの...

2021.11.26

DOG GOURMET LIFE

不自由なのもまた、それはそれで 楽しまないとね〜Ƕ...

20日の土曜日から始まった 麻布にある わたくし小川カズ邸 内装工...

2021.11.23

GOURMET WORKS

え〜!!まさかまさかのセンターポジション!! ᾒ...

日テレ早朝の情報番組『ZIP!』金曜パーソナリティー3回目の 高橋...

2021.11.21