-C’est la vie …まさに これが人生。。。-

C’est la vie …まさに これが人生。。。

順天堂大学医学部附属静岡病院にて数ヶ月に一度行われている定期検査で 胸に8mmほどのしこりが見つかり、昨年の暮れからさらに詳しく検査をしていた 伊東に住む母上の検査結果が1月8日に出るということで、前日からその病院と目と鼻の先にある(車でわずか1~2分)

伊豆長岡温泉前乗り宿泊…なんせ車で片道2時間半もかかるもんですから、日帰りだととんでもなくきついので、前回来た時からこのシステムを取ることにいたしました…笑。

とはいってもグラ姫もいるので、その周辺でペット可のお宿は二つのみ(もう少し離れればもっとたくさんありますが…。)。

その二つの宿もなんと隣同士でありまして、

前回泊まったのは福狸亭 小川家という部屋数 わずか15室といったこじんまりとした やたらアットホームな純和風の旅館。

この辺り一帯も かつては大型旅館がひしめく人気温泉スポットだったみたいですが、今やこの二つの宿を残して他の全ての旅館が閉鎖されてしまっているといった厳しい現実ですので、もちろんだいぶシャビーではありましたが 一人わずか¥15000で一泊二食付きとまぁお得だし、お湯も良かったしお料理もなかなかのものだったので大満足でありました。

なので今回も『小川家』でも良かったんですが、せっかく真隣にもう一軒わんこが入れるお宿があるわけですから、

泊まり比べしてみようと今回予約したのは 創業100年以上の歴史をもつ小松家八の坊』…

『小川家』から比べるとだいぶ大型な旅館ではあるんですが、数少ない従業員でうまく回せるよう お客がセルフですることが多く、そこが逆に気を使わなくていい感じ…。

ただ「小川家」はしっかり女中さんが一部屋に一人ついてお世話をしてくれるので、夕飯も朝食も愛犬と一緒にお部屋でいただけるんですが、『八の坊』はやはり大型旅館で人手不足なのか、夕飯は一日二組限定でわんことお部屋でいただけるパックがあるものの、朝食は大広間で取らなければいけないので そこが少々マイナスポイントではあります。

しかし考えてみると、この二つの宿だけが生き残ったということは、やはり愛犬と一緒に泊まれるということを大々的にを売りにしたからということは一目瞭然…🐩。

あいにくの豪雨でしたが、『八の坊』には人工芝の屋上ドッグランも開設されており、『愛犬も家族の一員』をモットーにとても大切に扱ってくれるところは『小川家』と同じであります。(両宿ともおかみさんが大の犬好きとのことなので両者の境界線の場所には、おそらく共同出資で作られた「ワンコ専用足湯」もございます…笑。)

創業が古く リニューアルもさほどされてないので大浴場もだいぶシャビーではありましたが、何度行っても貸切だったもんで、Apple Musicから癒しのハワイアンをチョイスし それを聴ききながらのんびりお湯に浸かれたのはだいぶ気持ちよかったなぁ…。

40分だけフリーで貸し出される「貸し切り檜風呂」もしかり…Hawaiiで温泉は入れないわけですから 「温泉浸かりながらのハワイアン」…これは 結構な贅沢と言ってもいいんじゃないでしょうか?(笑)

布団を引くと 珍しいのか、すぐに大興奮するグラ姫…

今回は大好きな「なんちゃってスターバックス」のおもちゃを持参して来たから

もう嬉しくて嬉しくて大はしゃぎ!!

もう一つ持って来た歯磨きおもちゃも一緒に「パパには絶対に渡さないよ! 」とずっと両手で押さえておりましたが

そろそろおネムになってきたかな…zzz。。。

翌朝の広間でいただく からだに優しいと評判の和朝食美味しかったですよ〜!!

まず、お土産に買って帰るお客さまも少なくはないと言う こだわりの甘〜い「たまご焼き」

「オリーブオイル」「戸田塩」でいただく朝一番の逸品「水口豆腐」。

「すじこおろし」「や「白和え」等の小鉢がついて

地元沼津より取り寄せた「アジの干物」をメインに白いご飯

「伊勢海老のお味噌汁」は大きなお鍋に火がつけられたままで提供されます。

部屋に戻るとお留守番させられてたグラ姫も 悪戯することなく、自分の赤いベッドで寝てた模様…

フロントを通る時だけケージに入れなければいけないんですが、うちの娘はそんなものは持ってないので、軽井沢で購入したワンワンが入る専用の斜めがけバッグでチェックアウト…中に座れて楽なのか、彼女もそんな嫌じゃないみたいです…笑。

それにしても何回温泉に入っただろう??…おそらく5回。。。

なので目は腫れまくっておるものの、お肌はつるつるのテッカテカ…今回もホントいいお湯でありました。。。

さぁ そしていよいよ 『順天堂病院』に向かい検査結果の発表の時…

身体のどこも痛くもかゆくもないもんだから まるで他人事のような母上と、ひと回り(12歳)歳上の僕の兄貴「秀彦」(今年で67歳には見えないでしょ?よく『瓜二つ』と言われまず…苦笑。)で、11:30にアポイントだったのに、案の定 呼ばれたのは13:00過ぎ…なんで大病院ってどこもかしこも 時間を約束しているのに こんなに待たされるんでしょうか??

これじゃあ 具合が悪くない人まで具合が悪くなっちゃうよね…😥。

そしてようやく呼ばれて出された結果は…「身体中のあらゆる機能 全てが正常で異常なし …こんな元気な86歳はなかなかいませんよ。」とお墨付きまでいただき、「よっしゃ〜!」と思ったその瞬間 、先生が「ただしこのしこりはやはり乳癌です。」とひとこと。。。😨

一気に頭の中が真っ白になるも 気持ちを抑えて説明をよく聞くと、「とは言っても若い人の乳癌とはまるで違うものなのでそう心配なさらないでください。もちろん切除しないと乳癌は転移するのでいけないんですが、80歳オーバーの方で乳癌で命を落とす方はまず99%いませんから まずはご安心を。さらにこの結果通り 全くその他に悪い症状が出ていないので 全身麻酔で手術するのもまず問題ないと思われるので、ただその手術方法だけ何パターンかありますから これからゆっくりご家族でご検討ください。」とのこと。

とりあえず命に関わらないと聞いたのでホッとひと安心はしましたが、やはり大きな病気には変わりないので 、入院も必要となるし、またここ数ヶ月しばらくは忙しくなりそう…なんせ静岡県なものでそこまで行ったりきたりもできないですが、まぁオフクロ自体が元気でピンピンしてるので、なんとか兄弟力を合わせてこの難関を切り抜けていこうと思います。

それにしても奇遇なのが、数年前 奇跡的にキレイさっぱり完治してしまった病名は父親が亡くなった原因と同じ「悪性リンパ腫」…そして今度はつい先日亡くなった母上の愛犬「リズ」の死因と同じ「乳癌」と、なんか科学では解明できない何か不思議な因果関係があるように感じますが、おそらく 前回は父親が助けてくれた同様、今回も「リズ」がママの分まで悪いところを持って天国に逝ってしまった気がするので 、僕的には乗り越えられる気分でいっぱいであります。

先生も「あえて一番のリスクといえば全身麻酔に身体が耐えられるかどうかなんですが、お母さんはやたらと健康だから問題ないでしょう。癌自体は転移もまだ一切してないし、たった8mmと小さいですから 切除さえしてしまえば 後はもう平気なので 安心してください。」と言ってくれたので、オフクロも「長生きなんてするもんじゃないね〜。」なんて言いながらも「切って治るんならじゃあそれで…。」と、しっかり生きる意欲を口にしており まぁひと安心…。

診察と同様 手術もやたら混んでいるとのことで、3月後半から4月の手術となる見込みであります。(その手術までの間に転移することはないとのこと。)

気がつけばもう15:00すぎ…さすがにオフクロもお腹が減ったみたいなので 、宇佐美の自宅まで送りがてら 伊東の街に立ち寄り、前にも一度暖簾をくぐった

 

ワンワンOKな上に 信州戸隠そばと伊豆海鮮寿司がダブルで楽しめる成木屋に向かい、

お正月早々の辛い病院通いになってしまいましたが

とりあえず新年のお祝いということで軽く乾杯…中途半端な時間だったから他にお客はおらず貸し切りだったので、気を使わずゆっくりとした時間を過ごせました。

大きいのが3枚もついてくる「アジフライ」

「炙り金目鯛の握り」なんかをつまみつつ

〆は前回めちゃ美味しかったイメージが残っていた「海老天丼」を再度注文…コレ、正直東京で食べれたらどんだけ幸せでしょうっつうぐらい、やはりウマい!!

大きな海老が 贅沢に3匹…そして何と言ってもこの濃いめなたれが僕好みで もう最高〜さすが海沿いの街なだけありますなぁ…。

 

熱燗をくいくい飲みながら「上天ぷらそば」で〆た母上は、とてもそんな病人にはは見えないほど すっとんきょな顔して(笑)肌ツヤもいいし、きっと必ずや無事に手術から生還してくれるに違いありません…。

それにしてもこの柄物の赤いパンツの上下に赤い靴、さらにパープルの帽子にパープルのメガネして 上着はグリーンのダウンジャケットの母上を見たら、確実に僕のDNAはここから来たんんだなぁと実感…🤣。

でも 今は亡き父上も名のごとく硬い職業であります当時の『川崎製鉄』だったのに 英國屋』でオーダーしたストライプスーツしか着てなかったし、実家のリビングのカーペットは鮮やかなパープルだったのを思い起こすと、まぁやっぱり物の見事に僕は二人の息子ってことですね…笑。

東京に着くやいなや さすがに姫はすぐさまノックダウン…今日は随分と車の中でお留守番だったけど よく頑張ったね。。。

リズがいなくなって寂しがっているグランマもたくさん癒してくれて 、ホントいいお仕事をたくさんしてくれました…ゆっくりおやすみ…zzz。

と、またまた大きな難問に襲われてしまいましたが、それも人生…みんなで力を合わせて、申し訳ないですが  母上にはまだまだ長生きしてもらいます。。。

Related topic

DOG GOURMET LIFE

自分たちがこれからやるべきこと...いや、やらねばいけないこ...

毎朝 2階の寝室から3階のHawaiian Roomにやってきて、天気が良ければ...

2020.01.15

DOG GOURMET LIFE

C'est la vie ...まさに これが人生。。。...

『順天堂大学医学部附属静岡病院』にて数ヶ月に一度行われている定期検査で 胸に8m...

2020.01.09

DOG GOURMET

そろそろ おせちも飽きたでしょうから。。。...

お正月料理にも飽き、そろそろ食べたくなってきたのがやっぱりイタリアン!! ...

2020.01.07

DOG GOURMET WORKS

今年も仕事始めは、昨年同様あの Big Event !!...

寝正月 2日目は ついにジムまでサボって 朝から残りのおせちをつま...

2020.01.04

DOG GOURMET LIFE

HAPPY NEW YEAR 2020!! 今年も寝正月から...

大晦日の31日は 早朝から最後の『NAGOMI SPA & FITNES...

2020.01.02